【参加者募集中】5月2・3日オンライン講座開催

美しい曼荼羅アートの描き方・情緒編~心に響く作品を描くために気を付けたいこと~

心に響く作品を描くために気を付けたいこと

こんにちは。曼荼羅アートの岩本幸子(イワモトユキコ)です。
曼荼羅アートの魅力の一つは、難しいデッサンなどの技術が必要でないこと、繰り返し同じ図形を描いていくことから、初心者でも、比較的簡単にきれいな絵が描けるようになることです。
曼荼羅アートを初めて描く方のために、基本的な描き方については、こちらでご紹介しています。

初めての方でもきれいに描ける やさしい曼荼羅アートの描き方

もう既に、曼荼羅アートを何枚か描き始めいる方は、描くときの情緒(感情や意図)について少し意識してみることをお勧めします。
ほんの少し、描いているときの描き手自身の感情や、絵を描く意図に意識を持つだけで、同じテクニックを使っているのも関わらず、格段に美しい絵へと変化していきます。
今回は、曼荼羅アートの描くときの情緒(感情・意図)について、ご案内差し上げたいと思います。

曼荼羅アートと情緒

曼荼羅アートを描き始めると、
「どうしたら、もっと美しい作品が描けるだろう?」
「深い情緒的な作品を描くにはどうしたら良いのだろう?」
といった一歩深い課題にぶつかるときがあります。

 

曼荼羅アートは、難しいデッサンなどが要らない分、逆に、誰でも比較的簡単にきれいな絵を描けてしまいます。
せっかく学んでいる曼荼羅アートをもっと美しく、人の心に響くような作品に仕上げていきたいなら、ぜひ、ご自分(描き手側)の感情や、絵の意図を意識してみてください。

心に響く作品を描くには

作品の美しさというのは、観る側の主観的な判断によるものです。心の琴線に響くためには、観てる方に「目に見えない何か」が届くことを意図して描くことがとても助けになります。

その「目に見えない何か」というのが、描き手側の感情や意図なのです。

もう少しわかりやすく説明すると、描き手側が、「幸せ」「楽しい」と思いながら描いた作品と、「憎しみ」「恨み」などを込めて描いた作品では、観る側に異なる感情的な印象を与えます。どのような感情的な印象を観る側に与えたいのかを意識して描くことで、人の心に「何か」を届けることができるようになるのです。

そのため、美しい曼荼羅アートを描くためには、描き手側の内面の情緒的な安定や豊かさを意識することがとても大切になっていきます。描き手が、「愛」や「感謝」のような自分の大好きなもののために祈りを込めて描いていると、観る側に「何か」が伝わり、心に響いたり、感動を呼んだりするようになるのです。

一方で、技術的な上手さというのは、その描き手側の情緒や意図を正確に伝えるために必要になるととらえるのもいいのかもしれません。

描き手の心の成長を促す曼荼羅アート

ここまでで、美しい曼荼羅アートを描くためには、描く際に描き手の感情を安定させて描くことは、大切な情緒的な要素だということはわかりました。

では、具体的にどう描いていったらよいのでしょうか?

曼荼羅アートを描く際に、描き手が「愛」、「ハート」、「喜び」、「祈り」などをこめて丁寧に描くことを、ぜひ試してみてください。

一点一点の点を打つ時に、一本の線を引くときに、まるでボールペンの先から愛のエネルギーが出て、そのエネルギーが点や線になるように描くのです。

「ありがとう」「愛しています」という言葉を唱えながら描くもの良い方法だと思います。

オ・ポノポノを唱えながら描くのも、絵が美しく仕上がるのにとても効果があります。

マントラを唱えながら描くのも、とても深い絵に仕上がっていきます。

また、オ・ポノポノやマントラを唱えているうちに、次第に頭の中が完全に空っぽになっていきます。その瞑想的な状態もまた、深い美しい曼荼羅アートの作品へとつながっていきます。

 

一方で、描いている途中、「怒り」や「悲しみ」といった感情が上がってくることもあります。その場合、一旦ペンを置いて、自分の感情を少し引いて眺めているとしばらくすると消えてなくなっていきます。気持ちが落ち着いたら、また改めて続きを描き続けるようにすると、全体的に統一した感情の作品が仕上がります。

曼荼羅アートを、丁寧に、「愛」や「祈り」を込めて描くことで、実は描き手側も心が澄み渡り、情緒が安定し、人間的にも成長していくことができるようになるのです。

 

曼荼羅アート「委ね」

曼荼羅アート「委ね」

曼荼羅アートが最終的に導いてくれるもの

描き手側の心の安定や平和を意識することは、美しい曼荼羅アートを描くためが最初の目標です。が、そのうちに、思いを込めて丁寧に描き続けることで、描き手側も、描いていないときであっても、自分の心の中に平和や愛や感謝を感じ続けることができるように変わっていきます。

 

自分の心が平和で安定してくるようになると、また、外側の世界にもまた翻弄されない自分に成長していけるようになります。

 

どんな時でも、何があっても、いつも自分の中心に戻って、心の奥にある「静寂」につながること。曼荼羅アートを描くことで、自分の心の中にかけがえのない「平和」な場所があることに気が付けるようになっていきます。

 

曼荼羅アートを描くことで、内面の静寂を手にして、内面の静寂を手にすることで、外側の生活にも深い愛と慈悲と滋養を感じられる自分に変わり、またそれが、曼荼羅アートを描くことへつながっていく。。。
どんどん良い循環が起こるようになっていきます。
そして、最終的には、内面の深い静寂(安心と幸せとわくわく)こそが、私達全員が最も求め続けている最終目的地(涅槃)でもあります。

 

入り口は曼荼羅アートかもしれませんが、描くことでそこにたどり着けるように、そして作品を見る方にも内面の深い静寂(安心や幸せとわくわく)が届けられるようになることが、曼荼羅アートが私たちに届けてくれているメッセージのような気がします。

まとめ

曼荼羅アートを描くときに、「愛」や「感謝」などの祈りや想いを意図してみると、情緒的な作品が描けるようになります。
描いているときの自分の感情に気づいて、否定的な感情が上がってきたときには、一旦手を止めて、自分を見つめていくことで感情の浄化が起こります。

 

その繰り返しを行うことで、美しい曼荼羅アートを描くだけでなく、描き手側も人間的にまた成長していくことができるようになります。

【0円無料】初めてでもきれいに描ける曼荼羅アート【通信講座】

曼荼羅アートからの最新情報と心の成長のためのスピリチュアルなメッセージをメールにてお届けします。

登録ボタンを押して「空メール」をお送りください。

登録する