ブログ最新記事はこちら

絵が苦手でも必ず描ける曼荼羅アート・オンライン・ワークショップ【ZOOM講座】

mandala-art-workshop

こんにちは。幸運を呼ぶ曼荼羅アートの岩本幸子(イワモトユキコ)です。

  • 絵を描きたいけど、年齢的に今からやっても遅過ぎだと感じている。
  • 絵を描きたいけど、絵が苦手だと感じている。
  • 自分はきっと絵をきれいになんて描けない。

と感じている方向けのZOOMを使ったオンラインで曼荼羅アートの描き方を学ぶ2日間の講座のご案内です。

講師岩本幸子の曼荼羅アートが絵を描きだしたのは実は40代後半から

プロフィール

mandala-art-workshop

実は、私も、絵を描くことを何十年も諦めていました。

子供の頃は、絵を描くのが大好きで毎日のように描いていました。

が、ある時、家族から自分の絵が「へたくそ」だと言われてしまいました。その時に、とてもショックを受けて、心が傷ついて、描くことを完全に諦めてしまったのです。

そして、自分をヒーリングをしながら、自分の本当の人生を取り戻していくうちに、「絵をもう一度描きたいなぁ。」と思うようになりました。

でも、同時に、

「もう年齢的には遅すぎるんじゃないか?」

「どうせ今からやってもうまく描けるなんてことはないよなぁ。」

と、半ばあきらめを感じていました。

あの時、絵を描くことを諦めていなかったら、自分の人生はどうなっていたのだろう。と考えると、悔やんでも悔やみきれませんでした。

私はすでに40代の半ばでした。

その時、ちょうど、偶然にも曼荼羅アートの講座が、都内で開催されると聞いて、参加してみることにしました。

2時間程度の講座でしたが、私にとっては何十年ぶりの絵を描く時間です。懐かしさと愛おしさで胸がいっぱいになりました。

曼荼羅アートは、普通の絵とは違って抽象的で、同じ図形を繰り返すので、30年くらいブランクがある私でも、比較的簡単に描くことができました。

講座に参加されていたほかの方の曼荼羅を拝見するととても美しくて、私の絵はとてもへたくそでしたが、それでも絵を描けることがうれしくてうれしくて、本当に幸せな2時間でした。

その後、自分なりに描き続け、今では10年たちました。

曼荼羅アートを一緒に書いてくれる仲間たちともであって、一緒に展示会も開きました。

もし、あなたが、絵をずっと描きたい、下手でもいいから描いてみたいと思っているなら、年齢は関係ありません。

今からでも、十分に間に合います。

私と一緒に、曼荼羅アートを愛と心を込めて描いてみませんか?

この講座は、そんな絵が苦手と感じている方のために開催している講座です。

絵が苦手でも必ず描ける曼荼羅アート・オンライン・ワークショップ【ZOOM講座】

mandala-art-workshop絵が苦手でも、今まで描いたことがなくても、年齢的に遅すぎると感じていても大丈夫です。

この講座では、全くの初心者の方が、曼荼羅アートの基本的な描き方を学び、自分を自由に表現していく方法を手に入れる2日間の講座になります。

自分の心の制限を外して、自由に羽ばたく鳥のように、自分自身を曼荼羅アートに描きだしていきましょう。

こんな方に特にお勧めの講座です

  • 絵を描くことが初心者・苦手で自信がなくても、オリジナルの曼荼羅アートを描けるようになりたい方
  • 絵を描くには年齢的に遅すぎると感じている方でも、絵を描くことに挑戦してみたい方
  • 絵を描くことの喜びを取り戻したい、手に入れたい方

ワークショップの内容(予定)

講座は、ZOOMのビデオ通話で行います。

曼荼羅アート・ワークショップの風景

2018年11月に東京八王子にて開催したワークショップの様子

【1日目】

  1. ハートを開く瞑想
  2. 初めての方でも描ける曼荼羅アートの基本的な作図の説明
  3. テーマを決める(意図を立てる)
  4. デザイン、下絵を決める
  5. 鉛筆での下書き

【2日目】

  1. 瞑想
  2. 神様に描いてもらう
  3. 描いているときにマインドが邪魔をしてきたら
  4. 曼荼羅アートの美しい色入れのテクニック
  5. 色入れ
  6. クロージング

​*曼荼羅アートがワークショップ内に作成終了しない場合もありますが、作品をお持ち帰ったのち、ご自身で完成させていただくことができます。

workshop participants in june 2018

東京八王子にて開催した曼荼羅アート・ワークショップの参加者と共に

心を落ち着かせる瞑想を行い、自分のハートの中にある普遍的な愛の状態を取り戻して、曼荼羅アートを描きます。初心者でも、絵が苦手の方でも、美しい曼荼羅アートを描けるようになります。

曼荼羅アートを描くことを通じて、頭の中を空っぽにして、自分の中心に向かっていき、環境の変化にぶれないで安心できる場所を見出すことができるようになっていきます。

初めての方でもリラックスして、楽しみながら曼荼羅アートを描くことを通して、自分自身の本質的な愛の感覚について学んでいきます。

本ワークショップでできるようになること

mandala-art-workshop-teacher

  • 曼荼羅アートを描くための基本的な手法(画材の準備、デザイン、色ペンの扱い方、塗り方など)を2日間で学んでいきます。
  • ワークショップ内では瞑想を行い、自分のハートの愛を感じる方法、環境に左右されないで心を穏やかにする方法などを学んでいきます。
  • 心も身体もリラックスすることで、ハートからあふれる無条件の愛や感謝を自分の内に感じられるようになって、曼荼羅アートの形にすることができるようになっていきます。
  • 祈りや感謝の気持ちから曼荼羅アートを描くことで、どんな状況下であっても、本当の自分が持っているぶれない強いメンタリティを取り戻していくことができるようになっていきます。

参加者様から頂いたご感想

曼荼羅アート・ワークショップの風景

2018年東京八王子にて開催したワークショップでの様子

絵を描くことに対しての苦手意識がとても強く、楽しいと思ったことがなかったので、今回とっても楽しく描けたのが本当に良かったです。

自由が苦手だったけど、自由は楽しいということを感じました。
また、みんなそれぞれでそれで良いということをますます思いました!!
本当に本当に楽しかったです!!
絵を描くことが楽しいと思えるなんて!!

もっといろいろなデザインを描いてみたいと思いました。みんなでワイワイしながら、お互いの作品を見るのも楽しかったです。
また次回も楽しみにしています!!

2日間の心地よく楽しい時間をどうもありがとうございました!!

マッサージ・セラピスト・35歳・女性

participant 2 at art workshop

最初はアートだけの参加でしたが、自分の内面、神様に向き合えたことがとてもうれしかったです。

仕事と家の往復の生活に泉がわいた感じです。
常に神様と会話してハッピーな生活をめざします。

楽しすぎて時間が足りなかったです。
本当に幸せで、楽しくて、そんな自分に気づけて幸せです。

会社員・48歳・女性

participant 3 at art workshop

とにかく楽しくて、夢中になりました。

曼荼羅の一点一点を大切に描くように、毎日の小さなことを大切にしていきたいと思いました。
毎日の生活に追われていますが、曼荼羅を描ける時間を取れるような余裕を持つことを意図したいと思います。

会社員・42歳・女性

participant 4 at art workshop

曼荼羅アート・ワークショップの風景

2018年東京八王子にて開催したワークショップでの様子

2020年4月4・5日開催の曼荼羅アート・オンライン・ワークショップにご参加くださった方から頂いた感想は、こちら(▼)からご覧いただけます。

【ご感想】「先生が温かく包み込んでくれた2日間であっという間に時間が過ぎました」~曼荼羅アート・オンライン・ワークショップ~

2020年5月2・3日開催の曼荼羅アート・オンライン・ワークショップにご参加くださった方から頂いた感想は、こちら(▼)からご覧いただけます。

【ご感想】「何よりも曼荼羅アートを描く心を感じることができモチベーションに繋がりました」~曼荼羅アート・オンライン・ワークショップ~

開催日時・場所

曼荼羅アート・ワークショップ2018年11月

2018年11月に開催したワークショップ参加者の方々と

  1. 2020年10月3日(土曜日)
    1. 10:30-12:30
    2. お昼休憩(各自)
    3. 14:00-16:00
  2. 2020年10月4日(日曜日)
    1. 10:30-12:30
    2. お昼休憩(各自)
    3. 14:00-16:00

両日とも、ZOOM(またはFaceTime)を使った、インターネットでのビデオ通話でのご参加になります。

ビデオ通話について

  • Zoomについてはこちらからご確認ください。
  • FaceTimeはiPhoneをお持ちの方なら無料で使えます。
 

各自事前に準備するもの

mandala-art-workshop

当日必要なもの一覧

(アマゾンのリンクを参考までに貼っておきます。準備のご参考になさってください。)

  • 15cm 黒画用紙 1枚(100均のもので構いません。可能ならできるだけ厚い画用紙を使用してください。予め切っておいてください。)
  • 練習用黒画用紙 2枚(サイズ、厚さはどんなものでもいいです。作画中に色を確認したいときに使います。)
  • コンパス(できるだけ精度がいいものが好ましいですが、100均のものでも大丈夫です。)
  • 30cm定規(100均で大丈夫です。)
  • 分度器(100均のものでも大丈夫です。小さな絵を描くときには、半径が小さいほうが使いやすいです。)
  • B,2B鉛筆またはシャープペンシル(硬い芯だと鉛筆跡が残るので、濃くて柔らか目の芯がおススメです。)
  • 消しゴム(よく消えるこちらの消しゴムがおススメです。)
  • らくがき帳(100均のもので十分です。大きさはどんなものでも大丈夫です。)
  • クリアファイル(A4サイズ)2枚(作品を保管する際に使用します。)
  • 色ゲルインク・ボールペン(以下の記事を参考にしてご準備ください。)

推奨色ボールペン一覧

こちらの記事(▼)で、黒色画用紙でも色がきれいに出るボールペンをご案内しています。

これを選べば失敗しない曼荼羅アートにお勧めのペン6選

(注意)同じメーカーであってもボールペンのインク種類によって、黒画用紙に発色しないものがあります。

黒画用紙で発色する色ボールペン一覧

購入する際に、黒画用紙の切れ端を持参して、インクが発色するかどうか直接確認されてから購入することをお勧めします。

*当日すべてのペンがそろっていなくても大丈夫ですが、何本かお気に入りのペンをご準備ください。

ペンがたくさんあってどのペンを一番最初に購入したら分からない場合は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

ご希望の方にはグループ展開催

ワークショップにご参加くださった方の中で、その後も継続的に描き続けたい方は、グループ展などの作品を発表できる場を共有します。

一人で黙々と描くのも楽しいですが、仲間と一緒に曼荼羅アート活動を続けるのも、また楽しいですよ。

定員

mandala-art-workshop

お一人お一人、丁寧にお教えしますので、参加人数には限りがあります。

4~5

ご希望の方は、急ぎ、ご連絡ください。

参加費

 

お一人様  19,800

前払いにてお願いします。

お座席に限りがありますので、お申込みご連絡後、参加可能かどうかお返事いたします。

お支払方法

  • 銀行振り込み
    • ゆうちょ
    • 三菱UFJ
    • ジャパンネット銀行
  • PayPal

参加可能な場合、メールにて振込先口座をご案内いたします。

参加費を銀行振り込みまたはPayPalにて前払いにてお支払いください。

参加費をお振込完了後に、参加確定となります。

万が一、今回のワークショップにて、絵が少しも描けなかったら返金いたします

今回のワークショップにご参加いただいて、万が一、絵が全く描けなかったら、参加費はクレジットカード決済手数料+振込手数料を差し引いた形で返金いたします。

どうか、安心して、絵を描く喜びを取り戻してください。

この一歩を踏み出せば、これから大好きな絵を描く新しい仲間たちとの出会いや、近い将来自分の絵をグループ展で発表できる日がやってきます。

絵を描くことが大好きな方からのお申し込みを心からお待ちしています。

お問い合わせ・お申込み方法

お問い合わせやお申し込みはこちらのボタンをクリックください。お申し込みフォームが立ち上がります。

お申し込みフォーム

(ご注意)ご参加する全員の方が、より安全で効果の高い結果を得るために、ご参加の動機が本ワークショップの目的と大幅にずれていると感じられた方は、ご参加を見合わせていただく場合があります。予めご了承願います。

数日たってもお返事が届かない場合:こちらに申込みメールが届いていない場合があります。お手数ですが再度お申込みいただくか、直接メールいただくか、電話(沖縄宮古島050-3593-0385)、LINEでご連絡をお願いします。

♦特に、携帯アドレスの場合は、こちらからのお返事が届かない場合がありますので、必ずご連絡可能なお電話番号をご記入願います。

♦迷惑メール設定をされている方は、事前にyukikoiwamoto-arts.comからのメール受信可に設定しておいてください。

曼荼羅アートからの最新情報と心の成長のためのスピリチュアルなメッセージをメールにてお届けします。

登録ボタンを押して「空メール」をお送りください。

登録する