2019年10月1日消費税10%変更について

プロフィール

曼荼羅アーティスト岩本幸子近影

曼荼羅アーティスト 岩本幸子

BBSH認定エネルギー・ヒーラー

曼荼羅アート・スタジオ・ラクシュミ主催

曼荼羅アート・サークル主催

Instagram

Facebook Page @divinemandalaarts

ヒーリングHP

略歴

10月5日 神奈川県鎌倉市生まれ

宇都宮大学大学院工業化学科卒業

16年間外資系企業にてシニア・マネージャーを経験後ヒーリングに転向

2006年~2012年 米国バーバラ・ブレナン・スクール・オブ・ヒーリングにてヒーリングとカウンセリングを学ぶ

2010年6月 米国バーバラ・ブレナン・スクール・オブ・ヒーリング卒業

2010年6月~ 東京八王子にてヒーリングに従事

2010年10月~ サイキックな能力を使った曼荼羅アートを描き始める。

2015年4月~ 沖縄宮古島にも拠点を持ち、東京と沖縄の二重生活を始める。

沖縄宮古島の曼荼羅アート・アトリエご紹介

2018年5月~ ヒーリングから曼荼羅アーティストへ転向。

2018年6月~ ヒーリング講座からご縁をいただき曼荼羅アート講座を東京八王子にて開催する。

2018年11月 再び曼荼羅アート講座を東京八王子にて開催。

2018年12月22・23日 曼荼羅アート・サークル仲間との合同展示会を東京八王子にて開催。

2019年2月~ 沖縄宮古島へ移住。曼荼羅アーティストとして本格的に始動。

活動理念

曼荼羅アートを描き始めたきっかけ

the buddha statue with crystals私が曼荼羅アートを描き始めたのは、自分自身をヒーリングしていくにつれ、自然に曼荼羅アートとの出会いがありました。もう10年以上間になりますが、東京都内で2時間くらいのワークショップに参加したのが始まりでした。そのワークショップで、簡単な曼荼羅アートの描き方のレクチャーを受けて、その時に「私は曼荼羅アートの描き方を知っている。」と心の深い部分から気付きが起こりました。きっと過去生で仏教の砂曼荼羅などを描いていたのではないでしょうか?

曼荼羅アートを描くにつれ、自分と向き合う時間が多くなりました。頭で考えて描くのではなく、「自分は本当にどんな絵を描きたいのか?」という問いを自分に問いかけながら、ハートの奥から上がってくると耐えに忠実に答えていくようになりました。いつしか自分の内側から上がってくるエゴの自分ではない何かの答えが、自分の中の神性からのガイダンスだと気づくようになりました。曼荼羅アートを描くことで、私自身が自分の内にあるこの神聖な存在としての真実を思い出すことにつながったのでした。

曼荼羅アートの中ではよく図形を描きます。正方形や円などのような神聖幾何学の形です。これらの神性幾何学はとてもヒーリングや変容の力を持ちます。曼荼羅アートの中でこれらの聖なる図形を繰り返し描くことで、心の平安やが得られます。それはまるで、祈りや瞑想を通して自分自身の内側にある「神性」を感じるにとても似ていて、図形を繰り返し描くことで頭の中がとても静かになって、精神的にとても深い部分で癒されて、変容していきました。次第に、「自分」というエゴのアイデンティティを超えた部分にも気づき始めてきました。

最初は、「自分自身が楽しいから」といった理由で描いていた曼荼羅アートでしたが、描くにつれ、いつしかもっと神聖な気持ちに自分を明け渡すようになり、「一つ一つの作品が神様への捧げものになるように描きたい」との願いが強くなっていきました。

 

一方で、自分の内側がこのように大きく変化するにつれ、作品を求めてくれる方が自然に増えていきました。Facebookに作品の写真を挙げた際に、その日の夜に「この作品をどうしても欲しいので、いいので良いので売ってください。」と海外の方から問い合わせをいただいたり、「この絵は売っていますか?」と突然問い合わせをいただいたりする機会がありました。

その方々が、私の描いた作品はただきれいなだけでなく何か深い部分で超越した変容が起こることを感じるのだとおっしゃっていました。

「(エゴの)自分」という枠を超えて、ただ純粋に祈りをささげて描いた作品が、このように受け入れられることは、自分の描きたい方向が間違っていないということを確認させてもらったような感じがしました。

保有資格

米国CTIプロフェッショナル・コーチ(CPCC)

米国BBSHヒーリング・プラクティショナー

米国サンタフェ発達心理学会認定NLPマスター・プラクティショナー

米国マトリックス・エナジェティクス認定プラクティショナー

趣味

ヨガ、瞑想、スキューバ・ダイビング、(海外)旅行、ウォーキング