曼荼羅アート・オンライン講座はこちら

【神聖幾何学】放射線状に描く点描曼荼羅アートの描き方【ダウンロード】

snowflake-pattern-thumbnail

こんにちは。幸運を呼ぶ曼荼羅アート@divinemandaraartsの岩本幸子(イワモトユキコ)です。

今回は、雪の結晶のように美しい放射線状の点描曼荼羅アートの描き方をご紹介します。

点描と言ってもとても細かい点を打って描く点描のほか、今回ご紹介するように小さな円をたくさん描いていく点描もあります。

図形定規を使えば、きれいな円を描くのも決して難しくないですし、何よりとてもきれいな結晶のような図形が描けることが一番の魅力です。

ぜひ挑戦してくださいね。

今回も短い動画と、順次手順をご説明しています。手順書は無料でダウンロードできますので、必要な方はどうぞご自由にお使いください。

【神聖幾何学】放射線状に描く点描曼荼羅アートの描き方【ダウンロード】

下絵完成形

今回はこの図柄を描いていきます。

使用するもの

    • 100均コンパス
    • 画用紙
    • ペンまたは鉛筆
    • 分度器
    • 円形の図形定規(必須ではありませんが、最初はあると便利かもです。)

描き方手順

描き方の動画

放射線状の点描曼荼羅アートの描き方【音楽あり】

YouTube動画 0:57

描き方の手順

1.鉛筆で中心に線を引いて、45°に線を引きます

鉛筆の線は、必要なら後で消します。

radial dot mandala drawing process 1
2.中心に円を描きます
中央に描いた円の周りに小さな円を45°の線上に描いていきます
radial dot mandala drawing process 2
3.今描いた円の上に、もう少しだけ大きな円を同じように放射線上に描いていきます
radial dot mandala drawing process 3
4.さらにその上に、ちょっとだけ小さな円を二つくらい描いていきます
radial dot mandala drawing process 4
5.今度は、ちょっと大きめの円を一つ放射線上に描きます
radial dot mandala drawing process 5
6.さらにその上に、ちょっとだけ小さな円を一つ描きます

大きい円を囲むように描いていきたいので、少しアクセントになるように若干大き目に描きます。

radial dot mandala drawing process 6
7.今描いた円の左右に、もう少しだけ小さめの円を描きます
radial dot mandala drawing process 7
8.さらにその隣に、もう少しだけ小さな円を描きます
radial dot mandala drawing process 8
9.さらにその隣に、更にちょっとだけ小さな円を描いて、大き目の円を囲んでいきます

2~9までの手順を繰り返して描くと、きれいな放射線状に曼荼羅アートが描けます。

更に、隙間にも、小さな円を描き足していくと、細密になっていきます。

色を塗るときには、この小さな円を点描で塗りつぶす感じで描けば、色ペンでもきれいに描けます。

radial dot mandala drawing process 9

描き方手順書(PDF)ダウンロード

 

描き方の手順は、PDFファイルで無料ダウンロードできます。

パソコンやスマホにダウンロードしてお使いください。

ダウンロード

最後に

 

今回の図形は、最初は、図形定規があるととてもきれいに描くことができます。雪の結晶の写真を参考にしながら、美しい絵柄を作っていってください。

また色の塗り方ですが、小さな丸の部分を色ペンで塗りつぶしたり、アクリル絵の具がある方は筆を使ってきれいに点描しても素敵だと思います。

色ペンで、きれいに色を重ねた点描を描いてみたい方は、こちらの記事(▼)が参考になるかと思います。

美しい曼荼羅アートの描き方(3)~基本の点描バリエーション~

色ペンだけで描いたとは思えないほど、きれいな点描が描けるようになりますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です