【参加者募集中】5月2・3日オンライン講座開催

曼荼羅アートの持つセンタリングとグラウンディングの効果

centering grounding

こんにちは。曼荼羅アートの岩本幸子(イワモトユキコ)です。

今回は、曼荼羅アートを描くことで、自己の気づきについてご説明したいと思います。

曼荼羅アートの持つセンタリングとグラウンディングの効果

  1. 自己への気づき

自己への気づき

先の記事では、曼荼羅アートを描くことで、自分が無意識に何を考えているのか、どんな方向に進みたいのか、が直観的に理解できるようになると、ご案内しました。

曼荼羅アートを描くことで気づける潜在意識からのメッセージ(ガイダンス)についての記事はこちら(▼)からご覧ください。

曼荼羅アートと自己の発見

このように曼荼羅アートは、自分に「気づき」を与えてくれるものでもあります。

この曼荼羅アートから得られる「気づき」に気づくことで、私たちは、日常抱えているさまざまな問題にも対処できるようになっていきます。

センタリング

centering

 

センタリングというのは、「センター(中央)にいる」という意味です。

日常生活の中で、人間関係や様々な環境の変化で、常に私たちの心は揺らぎ、ストレスを抱えています。

漠然と不安に感じたり、気持ちが落ち着かない、もやもやするといった感情的な問題をどうやって対応したらいいのか、ほとんどの人はわかっていません。

が、こういった時にこそ、曼荼羅アートを描くことで、落ち着かなかった心が、考え過ぎが減り、感情に振り回されなくなり、静寂や平安を感じる状態へ戻れるようになっていきます。

この心が静寂で平安な状態というのが、実は、本来の私たちの原点の場所です。

原点というのは中心です。中心のことを英語で、「センター」と言いますね。

この心の原点に戻るということ、原点にいることが「センタリング」ということなのです。

より強力にセンタリングするには

強いストレスを感じて、センタリングできない時もあるかと思います。

その時は、曼荼羅アートを描く際に、マントラやオ・ポノポノを唱えることで、より強力にセンタリングできるようになっていきます。

こちらの記事(▼)にお勧めのマントラをご紹介しています。どのマントラもとても強力ですので、ぜひ試してみてください。

曼荼羅アートのセラピー効果を高めるお勧めのマントラ6点

グラウンディング

 

tree

このようにセンタリングできるようになってくると、他人や環境に反応している自分の感情に振り回されなくなっていきます。

今まで他人や環境に流され、自分の感情に圧倒されて見失っていた「本当にやりたいこと」「本当の自分の気持ち」などを直観的なインスピレーションから得られるようになっていきます。

要するに、「やりたくないこと」はやらなくなっていくということですね。自分の心の正直になっていきます。

そして、次第に、自分にとって進むべき方向や、やるべきこと(人生の使命)なども明確になってきます。

自分の気持ちに正直になることで、やりたくないことを手放して、本当にやりたいことをやる人生に進んでいくようになっていきます。

その結果、ストレスが激減して、更に、心が常に安定していくようになっていくという良い循環が生まれるようになっていきます。

このような生き方をすることで、自分の直感を信じられるようになり、自信が付くようになっていきます。自分の自信が持てると、自分自身の価値を感じられるようになり、地に足が付いた生き方(グラウンディング)ができるようになっていくのです。

曼荼羅アートの引き寄せ効果を使って、目標達成を望んでいる方はこちらの記事(▼)をご覧ください。

曼荼羅アートと引き寄せ効果

曼荼羅アートからの最新情報と心の成長のためのスピリチュアルなメッセージをメールにてお届けします。

登録ボタンを押して「空メール」をお送りください。

登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です