ブログ最新記事はこちら

幸運を呼ぶ曼荼羅アート作品「あなたのために」の描き方

for_you_drawing

こんにちは。曼荼羅アートの岩本幸子(イワモトユキコ)@divinemandalaartsです。

いつも私の作品をご覧いただき、どうもありがとうございます。

この記事では、曼荼羅アート「あなたのために」の描き方(メイキング)をご紹介していきたいと思います。

曼荼羅アート「あなたのために」

作品の進捗は、主にInstagramTwitterでご紹介していますので、よろしければフォローしていただけるととても嬉しく励みになります。どうぞよろしくお願いします。

曼荼羅アート「あなたのために」の描き方

曼荼羅アート「あなたのために」について

この曼荼羅アートは、優しい友人への感謝の気持ちを込めて描いたものです。

その友人の持つヨーロッパのキリスト教的な祈りの美しさを、どうにか曼荼羅アートとして表現できないかと意図して描きました。

作画中は、常に神様への祈りを唱え続けて描いた作品です。

今回の作画のポイント

今回の作品は、色は金色一色を使って描いたので、色塗りはそれほど難しくはありません。

色がシンプルな分、送り主である方の持つ魅力、魂の美しさ、大切にしていることなど、その人独自のエッセンスを、どのような形にデザインしていくかがより大切になりますので、その点をとても意識して丁寧に描きました。

下書きの工程

(クリックすると画像が大きくなります。)

友人の持つヨーロッパの祈りを意図しながら瞑想すると、月と、ステンドグラスのような装飾が浮かびました。(曼荼羅アートを描くときに役に立つ瞑想は、こちらの動画でご覧ください。)

あとから少し調べてみると、ロマネスク様式やアール・デコ調のデザインがぴったりな感じだったので、下絵に曼荼羅風にそれらの模様を入れていきました。

アラベスク柄をきれいに描くのだけ、別に少し練習をしました。今後、別記事で、アラベスク柄の簡単な描き方も解説しますね。

ここで使用した画材

色塗りの工程

色塗りの様子です。

(クリックすると画像が大きくなります。)

今回は、細い金色一色で描きました。

下書き時点では、もっとたくさんの色を使う予定でしたが、金色一本に絞って描くことで、まとまった落ち着いた色合いが表現できたと思います。その結果、送り主の持つヨーロッパのキリスト教的なイメージにむしろぴったりと合っている感じになりました。

一番上の満月の部分は、アクセントもかねて明るい金色で塗りつぶしたのですが、そこも、送り主の持つ闇夜の中でも明るく周囲を照らして輝く光、決して暗闇にも負けないような優しい光(どぎつくない明るさというか)をうまく表すことができたように感じます。

また、繊細なアラベスク柄も、植物からくるイメージで、女性的で、自然とのつながりといった神秘的な美しさとつながった感じになったと思います。

今回は一色を使って、線描をしたので、テクニック的にはそれほど難しくはありませんが、一応、曼荼羅アートの基本的な線描テクニックはこちらの記事(▼)でご紹介していますので、ご覧ください。

美しい曼荼羅アートの描き方(1)~基本の線描~

完成形

いろいろ工程を経て、完成した曼荼羅アート「救済」がこちらです。

For_you_orig_wlogoX680

「あなたのために」

まとめ

今回の作品できれいに描くポイントをまとめると、

  • 送り主の持つ雰囲気や、大切にしているものを元に、その雰囲気にぴったりのイメージを瞑想して得るようにする。
  • 作画工程で予定していた色が、描きながら変わってしまったとしても、もしかしたら送り主には良い選択かもしれない。直観を信頼して、自柔軟に対応しよう。
  • 丁寧に、一つ一つ、心を込めて描く。

上記の点を、特に、気を付けて描きました。

自己満足で、「こんなに素敵な絵が自分は描けるんだぞ」的なエゴのおごりから描いたものは、送り主にとっては善意の押しつけのように感じられてしまうかもしれません。

そんな、はた迷惑にならないように、喜んでいただけて、大切にしていただけるように、自分の見栄やプライドを捨てて、自分の内側の絵の神様に完全にゆだねて、絵の神様が導いてくれることを信頼して描くことが大切なように感じます。

約3週間くらいかかって描いた「あなたのために」でしたが、瞑想から得られたインスピレーションを大切にして描くこと、マントラを唱えながらエゴの自己満足を手放して描くことで、納得のいく作品ができた気がします。

こちらの記事(▼)にマントラの効果について詳しく書いてありますので、ご興味のある方は、どうぞ参考になさってみてください。

描くだけで癒される!曼荼羅アート・セラピーについてその効果と手順

あとがき

最後に、余談なのですが、メイキング記事の作成について、

  • 少し時間を置いてからメイキング記事をまとめると、自分がどんなことにポイントを置いて作画したのか、冷静に分析・評価できる。
  • 今回の作画で学んだことがわかるようになる。
  • 自分の作品を客観的に説明することで、自分の強み、今後の課題などが明確になる。
  • 今後の作画の方向性などが見えてくる。
  • まとめることによって、他の人にも情報を伝えることができる。

などの利点があります。

記事作成にちょっと時間はかかりますが、やってみると意外と自分の成長につながりますので、試してみる価値ありですよ。

 

曼荼羅アート・オンライン講座開催します。ビデオ通話を使った参加型のワークショップになります(動画閲覧ではありません)。

瞑想を体験しながら、直観を活かして自分だけのオリジナルの曼荼羅アートに挑戦したい方向けの2日間の講座です。

詳細はこちらから(▼)ご覧ください。

【ZOOM講座】2020年9月5・6日開催 曼荼羅アート・オンライン・ワークショップ

曼荼羅アートからの最新情報と心の成長のためのスピリチュアルなメッセージをメールにてお届けします。

登録ボタンを押して「空メール」をお送りください。

登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です