曼荼羅アート・オンライン通信講座はこちらをクリック

曼荼羅アート「白多羅菩薩」|Mandala art “White tara”

荼羅アート「白多羅菩薩」

曼荼羅アート
「白多羅菩薩」

382 mm X 542 mm(四つ切)黒画用紙、ゲルペン

2018年7月作

この作品の持つ意味

白多羅菩薩は、観音様が人の世の苦しみを嘆いて流された涙からお生まれになったといわれる慈悲の女神様です。

チベット仏教ではとても人気のある女神様で、人の持つ「優しさ」「思いやり」「慈悲」といった神聖な救済の側面を象徴されています。

この作品は、この慈悲の女神である白多羅菩薩のマントラを唱えながら、白多羅菩薩様に全てを明け渡して約1年ほどかけて描いたものです。

中央の白い曼荼羅は、白多羅菩薩の持つ神聖な慈悲や愛を表しており、曼荼羅の中に描かれている白い蓮は、白多羅菩薩の持つ深遠な慈悲を表すように何度も色を重ねて深みと清浄さを表現しました。

また四辺にある緑の曼荼羅は、白多羅菩薩様がお座りになっている蓮の葉をイメージしており、蓮の葉の中には、緑色一色だけではなく淡いピンクなどの色を薄く混ぜ込むことで、女神の台座にふさわしいような温かさや神聖さを表現しました。

またその下にある水色の気泡のような曼荼羅は、蓮が泥池の中から生えているように、水を表しています。

水はまた滋養や育むといったテーマを持つエレメントでもあります。

この複数の曼荼羅を合わせることで、白多羅菩薩が、美しい蓮の花の台座にお座りになり、どんな時でも慈しみや深い思いやりを持ったまなざしで私たちの世を見守ってくださることを表しています。

この作品はお買い求めいただけます

曼荼羅アート原画

「白多羅菩薩」

作品ID: 97945392

原画価格表


A mandala art
“White Tara”

15.28″ X 21.68″ (382 mm X 542 mm) a black paper drawn with gel ink ballpoint pens

July 2018 worked

What meaning is this artwork?

White Tara is the mercy Goddess who was born from tears Kuan Yin laments the people’s suffering.

White Tara symbolizes mercy, compassion, unconditional love.

This artwork was drawn as chanting mantra of White Tara for one year.

The white mandala in the middle shows divine mercy White Tara has, surrounded by white lotus flowers.

It was painted over and over again in order to lead us depth of love.

The mandalas in the four corners are motif of lotus leaves White Tara sits.

It was painted by not only green but also pink, to express feminine warmth.

Under the four green mandalas, there are blue mandalas. It means water like lotus bloom from pond.

This mandala art shows White Tara always watches us compassionately.

How to purchase this artwork

A mandala art (Original)

“White Tara”

Artwork ID: 97945392

Price list

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です