LINE始めました

曼荼羅アート「ワンネス」

曼荼羅アート「ワンネス」

 

曼荼羅アート

「ワンネス」

10cm X 10cm 黒画用紙、ゲルペン

2017年8月作

 

 

「ワンネス」の意味は、「世界は一つ」と感じる統合意識、自分と他人の境目がなく、全てのものや人や動植物などが自分の一部であるという集合宇宙意識のことを意味します。

ワンネスの意識は、「自分」「他人」という枠組みを超えて、宇宙と一つになっている感覚です。

その状態は、人と死の「個」の意識を完全に調節した覚醒した意識でもあり、私たち全員の本来の神性につながっている状態でもあります。

曼荼羅アート「ワンネス」

光の加減で微妙に色が変わります。

そのため、ワンネス意識とは、この世界にあるあらゆるものを無条件に愛すること、その意識こそがあなたの本質的な姿でもあります。

たとえどんなに心が傷ついていたとしても、たとえどんな困難な状況下におかれていたとしても、あなたの内側にあるこの「ワンネスの意識」は、決してなくなることはありません。苦しいと感じている時には、本質的な自分の姿を取り戻すように宇宙からチャレンジが与えられているのです。

そんな時には、静かに座り、ハートの上に手を置いて、何度か深呼吸をして、少しの間瞑想をして気持ちを落ち着けましょう。心が落ち着くほど、どんな時にでも自分の中にこの「ワンネスの意識」があることに気が付けるのです。

頭で考え悩みすぎると、「ワンネスの意識」からはどんどん離れていきます。「ワンネスの意識」は、無条件の愛であり、愛は考えることで得られないからです。愛はあなたのその存在そのものだからです。

また、人に依存し過ぎている時も、同様に、自分の内側の「ワンネス意識」から離れていきます。他人に依存するということは、「自分を信頼していない」ということです。自分の軸をもって、自分の足で立つことを通して、ハートの中にある「ワンネス意識」とのつながりが強くなっていきます。そして、その結果、「自分自身をより深く信頼する」ととができるようになり、自分を信頼すればするほど、また、「ワンネスの意識」もまた強くなっていきます。

曼荼羅アート「ワンネス」

ラメペンで美しく光り輝く作品

私たち全員はこの「ワンネス意識」を既に内側に持っていて、エゴを手放すことで、また、この「ワンネス意識」に向かって開いているのです。

この曼荼羅は、私たちのハートの奥にある「ワンネス意識」につながって、本来あるべき姿である「無条件の愛」の状態に還っていくことを意図して描きました。あなたが、私たち一人一人が、どんな時でも、自分のハートの中にある無条件の愛である「ワンネスの意識」とのつながりを感じるように心から願いを込めて描きました。

 

 

小さな作品ですが、とても丁寧に描いてあります。何層にも色を重ねることで、美しい金色の深みを表現しました。私たちの本質的な愛の深さでもある「光」をこの作品の中に感じていただきたけたら幸いです。

あなたが、常に、自分の内側の神様の存在を感じていられますように、いつも安心して、幸せでありますように、心よりお祈り申し上げています。

 


 

曼荼羅アート「ワンネス」

曼荼羅アート原画

「ワンネス」

作品ID:07355963

デジタル画像販売中

原画価格表

ぜひ作品の感想・ご意見・リクエストなど、お気軽にコメント欄にお残し下さい。とても励みになります。皆様からの温かいご意見お待ちしています。

曼荼羅アートからの最新情報と心の成長のためのスピリチュアルなメッセージをメールにてお届けします。

登録ボタンを押して「空メール」をお送りください。

登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です