デジタル画像販売中

曼荼羅アート「委ね」

曼荼羅アート「委ね」

 

曼荼羅アート

「委ね」

25cm X25cm 黒画用紙、ゲルペン

2017年4月作

曼荼羅アート「委ね」

曼荼羅アート「委ね」は、左右に大きな曼荼羅2つ、中央に小さな曼荼羅3つ、合計5つの曼荼羅で構成されています。

曼荼羅アート「委ね」

左右の二つの大きな曼荼羅は、向かって左側に見える緑の曼荼羅は「男性性」。

「男性性」の持つ力強さやパワーを、調和を表す緑色と熱を帯びた炎を表す赤色で、力強く描いています。

 

右側に見える白い繊細な曼荼羅は「女性性」。

「女性性」の持つ繊細さや優美さ、優しさを白の細い線を使って丁寧に描いています。

曼荼羅アート「委ね」

左右にある「男性性」と「女性性」の中央には、小さな曼荼羅が三つ描かれていて、それぞれに意味があります。

ピンク色の曼荼羅は、生命の源である「セクシャリティ」。

濃いエロティックなローズ・ピンクで、熱帯の蘭の花をお乱すような濃厚な生命力、性エネルギーを表しています。

 

青色の曼荼羅は、「知恵」を意味しています。

客観的に、冷静に、物事をとらえながら、想像力とインスピレーションをよどみなく与える賢さです。

 

そして、中央の薄いピンクと白に囲まれた曼荼羅は、それらすべてを統合するスピリチュアリティを意味する「光」。

「女性性」「男性性」「セクシャリティ」「知恵」の中心であり、光り輝く「存在」としての魂を表しています。

曼荼羅アート「委ね」

すべてが大切で、すべてに意味があり、そのすべてを統べるからこそ輝いていられる私たち人間のあるべき姿を意図して描きました。

内側から輝く神聖な美しい「光」は宇宙に開く意味でもあり、私たちの本来持つ普遍的な「存在」としての「神性」を放つものでもあります。

 

内なる神の自己へすべてを委ねることで、本来の光輝く「存在」に還ることができるようになります。

 


曼荼羅アート「委ね」

曼荼羅アート原画

「委ね」

SOLD OUT

原画価格表

ぜひ作品の感想・ご意見・リクエストなど、お気軽にコメント欄にお残し下さい。とても励みになります。皆様からの温かいご意見お待ちしています。

曼荼羅アートからの最新情報と心の成長のためのスピリチュアルなメッセージをメールにてお届けします。

登録ボタンを押して「空メール」をお送りください。

登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です