ブログ最新記事はこちら

【0円無料】アマビエ様曼荼羅アートぬり絵【ダウンロード】

amabie mandala art

こんにちは。曼荼羅アートの岩本幸子(イワモトユキコ)です。

コロナ・ウイルスが一刻も早く収束してほしいものですね。

Twitterで、多くの方が、コロナ・ウイルスの鎮静化を願って、病魔退散妖怪アマビエさまの絵を描いています。

今回、私も、アマビエ様を曼荼羅アートに描いてみました。ぬり絵ダウンロード可能ですので、お好きな色を塗って、ぜひ病魔退散曼荼羅としてお使いくださいませ。

【0円無料】アマビエ様曼荼羅アートぬり絵【ダウンロード】

amabie

妖怪アマビエとは?

その昔、江戸時代に熊本で出現した妖怪で、「疫病がはやったら、私の絵を描いて人々に見せるがよい」と言って海に帰っていった半魚人のような妖怪だと言われています。

江戸時代後期の肥後国(現・熊本県)に現れたという。この話は挿図付きで瓦版に取り上げられ、遠く江戸にまで伝えられた。

弘化3年4月中旬(1846年5月上旬)のこと、毎夜、海中に光る物体が出没していたため、役人が赴いたところ、それが姿を現した。姿形について言葉では書き留められていないが、挿図が添えられている。

その者は、役人に対して「私は海中に住むアマビエと申す者なり」と名乗り、「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行った。

Wikipedia Japan アマビエより引用

ご利益があるかどうかは定かではないらしいのですが、コロナ・ウイルスを一日でも早く収束させるために、たくさんの人が祈りを込めて描くことは、きっと何かの効果を生み出すと思います。

ということで、私もアマビエ様の曼荼羅アートを描いてみました。

アマビエ様曼荼羅アート

amabie mandala art

妖怪を曼荼羅アートにしたのは初めてですが、なかなかいい感じで描けたと思います。

色を塗ったら、きっとさらにパワーアップしそうですよね?

ということで、ぬり絵にしました。

PDFで無料ダウンロードできますので、ぜひ色を塗ってみてください。(ファイルはA4サイズです。)

ダウンロード

 

もし素敵に色を塗れたら、ぜひ、私にもお見せくださいね!

私も時間があったら色塗りしたいと思っているのです。すごくきらめくような虹色の鱗とかにしたらとってもきれいだろうなぁ、と思っています。

皆様の健康と安全を心からお祈りしているとともに、コロナ・ウイルスの終焉を心よりお祈りしています。

その他の曼荼羅アートぬり絵はこちら(▼)からどうぞ。

【無料0円】初心者でも楽しめる曼荼羅アートぬり絵3点【ダウンロード】

 

曼荼羅アートからの最新情報と心の成長のためのスピリチュアルなメッセージをメールにてお届けします。

登録ボタンを押して「空メール」をお送りください。

登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です