ブログ最新記事はこちら

曼荼羅アートにお勧めの紙は 売りたいなら厚めを選ぶべし

paper_mandala_art

こんにちは。曼荼羅アートの岩本幸子(イワモトユキコ)@divinemandalaartsです。

最初に曼荼羅アートを描く際に準備するものの一つが、紙とペンですね。

実は、紙の質によって出来上がる作品に影響を及ぼしますので、将来、曼荼羅アートを販売したい方には気に留めていただけるといいかと思います。

そこで、今回は、どんな紙で曼荼羅アートを描いたらいいのか、お勧めの紙についてご紹介します。

曼荼羅アートにお勧めの紙は 売りたいなら厚めを選ぶべし

曼荼羅アートに使う紙はどんなものがいいのでしょうか?

曼荼羅アートによく使われている黒画用紙は、上質紙と言われているものです。

やさしい控えめの光沢もあり、ケント紙ほど固くつるつるではないので、たくさん点描しても手が疲れなくて、描きやすいです。
インクの載りも良く、きれいに発色するので、きれいな作品が描けます。

大切なのは厚み はがきくらいの厚みを選ぶ

重要なのは紙の厚さで、できるだけ厚いものを選ぶようにしましょう。

薄いとインクを載せたときによれてしまったり、コンパスの穴が大きく目立ってしまったりします。また、あまり薄くペラペラな紙だと、将来、お客様に販売するときに、どうしても安っぽく見えるだけでなく、紙自体の品質を確保できないため早く劣化するなどといった問題が生じます。

お勧めの厚さは、はがきくらいの厚さです。このくらいの厚さがあると、ペンで描いても、それほどよれないですし、厚みがあるため作品自体がしっかりします。将来販売を考えているのなら、紙の質も良いので、安心して販売できます。

はがきくらい厚みのある黒画用紙10cm角

はがきくらいの厚さのある黒画用紙15cm角

はがきくらい厚みのある黒画用紙20cm角

初心者にお勧めのサイズは?

サイズは、初心者なら10cm、15cm、20cm位までが描きやすいと思います。

100均の黒画用紙は?

100均の黒画用紙でも、もちろん、曼荼羅アートは描けます。

ご自分で楽しむ分には、まったく問題ありません。

ただ、どうしても紙質が薄いので、ペラペラな作品に仕上がってしまいますし、たくさん色を重ねるとペンのインクでよれてしまいます。

せっかく描いた美しい曼荼羅アートを、長い時間劣化せずに楽しみためには、100均画用紙は、あまりお勧めしません。練習用に使う、試し描きに使うくらいにしておいた方が無難かと思います。

色は黒でなければいけないの?

黒以外の紙を使って描いても、もちろん大丈夫です。

お好きな色で描いてください。

 

曼荼羅アートを描くときにどんなペンを選んだらいいか悩んだときには、こちらの記事(▼)を参考にしてください。特に、黒画用紙に発色しないペンもありますので、購入するときには予め気を付けてくださいね。

これを選べば失敗しない曼荼羅アートにお勧めのペン6選

曼荼羅アートからの最新情報と心の成長のためのスピリチュアルなメッセージをメールにてお届けします。

登録ボタンを押して「空メール」をお送りください。

登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です