LINE始めました

曼荼羅アート「紫の蓮」

曼荼羅アート「紫の蓮」

 

曼荼羅アート

「紫の蓮」

25cm X 25cm 黒画用紙、ゲルペン

2014年6月

曼荼羅アート「紫の蓮」

 

蓮の花の曼荼羅アートは、青、ピンク、白、そして紫の4点があり、この作品はそのうちの一つの「紫の蓮」。

他の3つの蓮は美しく咲き誇っているのですが、この「紫の蓮」だけはまだつぼみの状態です。

まだ閉ざしたつぼみからは、白く輝く光が解き放たれ、これからまさに神聖な開花が始まるかのような感じがします。

曼荼羅アート「紫の蓮」

つぼみは「未知なるもの」「これから始まるもの」を象徴していて、「未知なる才能」「希望」「将来の成功」「才能の開花」などの意味が込められています。

曼荼羅アート「紫の蓮」

紫色は尊い高貴な色でもあり、天頂にある第7チャクラとも関係しているとてもスピリチュアルな意味を持つ色でもあります。

直観や、インスピレーション、チャネリング、ヒーリングなどの高次な力とのつながりや、才能の開花を暗示しています。

スピリチュアルな力や才能の開花が、祝福され、今、まさに、開花しようとしている状態です。

曼荼羅アート「紫の蓮」

四方にある赤い曼荼羅は、太陽を示し、新しいスピリチュアルな才能の開花を応援し、励まし、見守り、導きを与えています。

まさにこれから芽を出すスピリチュアル・リーダーにふさわしい曼荼羅アートです。


曼荼羅アート「紫の蓮」

曼荼羅アート原画

「紫の蓮」

作品ID: 45504403

原画価格表

ぜひ作品の感想・ご意見・リクエストなど、お気軽にコメント欄にお残し下さい。とても励みになります。皆様からの温かいご意見お待ちしています。

曼荼羅アートからの最新情報と心の成長のためのスピリチュアルなメッセージをメールにてお届けします。

登録ボタンを押して「空メール」をお送りください。

登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です