ブログ最新記事はこちら

クリエイター(絵描き)にお勧めのWordPressテーマ

Wordpress_theme

こんにちは。曼荼羅アートの岩本幸子(イワモトユキコ)@divinemandalaartsです。

クリエイター(絵描き)にとって、一番大切なのは、絵を描くことです。そのための時間を確保することは、最優先。

一方で、生活のためにバイトや好きではない仕事に時間を割かなければならない方もいます。

でも、少しの知識と努力があれば、ホームページ上でオンラインの通信講座などを開催して自動決済システムを導入することで、収入が自動化できるようになっていきます。

そのために助けになるのがWordpressです。

これから少しづつ、収入の自動化についてのやり方、構築の仕方についてブログでご案内していきたいと思います。

大好きな絵を、お金や時間に縛られないで、自由に描ける生活を構築できるように、一緒に頑張っていきましょう。

今回は、クリエイター(絵描き)のホームページのWordpressで、できるだけ時間と手間をかけずに立ち上げられるお勧めのテーマをご紹介します。

クリエイター(絵描き)にお勧めのWordpressテーマ

WordPressのテーマについて

WordPressでは、テーマと言って、ホームページのひな型を自分で好きに選ぶことができます。数あるテーマの中で、クリエイターにとって、手間も時間も最小で済むものを選ぶのは、結構大変です。

ましてや、Wordpress初心者だとなおさらです。外見やデザインにつられて、高額のテーマを購入した結果、実際には知識とスキルが必要で、立ち上げまでに数か月かかったということも無きにしも非ずです。

実際に私も、一番最初に購入したテーマがそうでした。外見上のデザインがとてもかっこよくて購入しましたが、実際に使い始めたら、カスタマイズなどの自由度が全くなく、じぶんでHTMLやCSSを変更しなければならず、3か月やっても公開まで至らなかったという苦い経験があります。

そういった経験を踏まえて、どんなテーマを選んだらいいでしょうか?

お勧めのテーマの選び方
日本版有料テーマで多くの人が使っているものを選べばほぼ間違いなし

WordPressテーマには、無料のものと有料のものがあります。無料版、有料版のメリットとデメリットをご紹介します。

1.無料版のメリット・デメリット

【無料テーマのメリット】

  • 無料である

【無料テーマのデメリット】

  • サポートがない。あるいは英語だったりして使えない。
  • 公開できるまで時間がかかる。(数か月くらいかかる場合もある。)
  • カスタマイズに専門知識とスキルが必要。(HTMLとCSSができないと使い物にならない。)
  • 時間と手間がかかる割にアクセス数が全く上がらない。
  • 内部SEOが弱い。

無料テーマは、本当に無料で使えるのですが、公開できる状態までカスタマイズすることを考えると、初心者にはハードルが高いと思います。

私たちクリエイターにとって、時間はとても貴重で、絵を描くために最大限割きたいところなので、そういった手間をできるだけ割愛するためにも、手間がかかる無料テーマを選ぶのはできればお勧めしません。

2.有料版のメリット・デメリット

【有料テーマのメリット】

  • 初期設定が簡単。
  • 内部SEOに強い。
  • HTMLやCSSの知識がなくてもカスタマイズが簡単に可能。
  • 1,2時間程度で公開できる。
  • テーマの中に、装飾ボタンやボックスが予め装備されているものがあって、超便利。
  • デザインがオシャレなものが簡単に作れる。

【有料テーマのデメリット】

  • 購入時にコストがかかる

有料テーマは、購入コストが多少かかりますが、時間、手間、精神的なストレスなどの点を考えて、総合的にお勧めするのは、日本版有料テーマです。

お勧めのテーマは?

過去Wordpressのテーマをいろいろ試してみましたが、実際に使いやすかったお勧めのテーマを2点ご紹介します。

1.Sango

私が今実際に使っているのは、Sangoというテーマです。

WordPressテーマ「SANGO」30の魅力

Sangoは、アート系のテーマではありませんが、お勧めの理由は、

【Sangoお勧めの理由】

  • とにかく簡単で使いやすい。
  • テーマをダウンロードしてから1,2時間で設定が終わる。
  • たくさんの素敵なボタンやボックスなども最初からついている。
  • CSSやHTMLに詳しくなくても簡単に使える。
  • SEOにも強い。
  • とにかくかわいい。
  • サポート情報がしっかりしている。
  • 使っている人が多いので、トラぶった時に検索すると解決情報を見つけやすい。

とにかくお勧めのSangoですが、一方で、使っている方も多いので、一発で「あ、このサイトSangoだ」とばれるのが玉にきずでしょうか。

【Sangoのデメリット】

  • 皆が使っているので、Sangoだとすぐにばれる。(個性が煌かない。)
  • 上級者が求めるような細かいカスタマイズには向かない。

2.ストーク

他の日本版有料テーマとして、ストークを使っている方も多いようですね。

ストーク19

私は実際には使ったことはないのですが、評判がとてもいいようです。ネットから拾ってきた口コミ・評判についてまとめてみました。

【ストークのメリット】

  • とにかく使いやすくて、お洒落
  • 早い人なら30分~1時間で設定終わって書き始められる
  • 『モバイルファースト』でスマホからも非常に見やすい
  • 数万円する有料テーマに比べると、価格は手頃

【ストークのデメリット】

  • 細かいところの設計まではできない
  • 他のブロガーとデザインがかぶりやすい
  • 複数サイトには使えない

BANK ACADEMYさんの記事から引用

 

多くの方が使っていて評判のいい日本語対応可能なテーマを使っておけば、初心者にはあまり間違いがないと思います。

言い換えると、あまり人気がないテーマを使用すると、いろいろトラぶった時に対応策がわからずにかなり時間を使われるので、初心者には向いていません。

ポートフォリオなどのサイトを作りたい場合
プラグインを使えば簡単にできる

上記お勧めしたテーマは、一般的にはアート系のテーマではありませんが、ギャラリー、ポートフォリオなどの作成もプラグインを使えば可能です。

  • ギャラリー・ポートフォリオにはプラグインを使えば簡単に解決。

うまくいかない・トラぶった・やり方がわからないときには
とにかくググろう

WordPressの場合、とても多くの方が実際にホームページを作成しています。

 

自分が困ったり、やり方がわからなかったり、トラぶった時には、Googleで検索すると、誰かがとても丁寧にその回答を書いてくれることがあります。

  • 「Wordpress 〇〇のやり方」
  • 「Wordpress 〇〇がうまくいかない」

などのワードをいれて検索すると、たいていの場合は、解決方法が見つかりますよ。

まとめ

今回は、クリエイター(絵描き)のホームページ用のWordpressのテーマのお勧めについてご紹介しました。

  • 初心者なら日本版有料テーマで人気のあるものを選ぶと間違いがない。
  • Sango、ストークあたりは、手間もかからず1,2時間で公開できるのでお勧め。
  • ギャラリー、ポートフォリオの作成はプラグインを使えば簡単にできる。
  • 困ったらGoogleで検索する。

ホームページ制作は外注しなくても、多少の勉強しながら、手間と時間を使うことを惜しまなければ、Wordpressを使えば、自分で思い通りの作品サイトを作ることができます。

また、WordPressに自動決済システムを搭載させて、オンライン通信講座などを構築することで収入の自動化につなげることもできます。

時間とお金に煩わされずに確保したいクリエイター(絵描き)にとって、Wordpressをうまく使って絵を描くための時間を確保していきましょう。

私もまだまだ奮闘中ですが、今後も実際に試してみてお勧めできる情報をご紹介していきたいと思います。

 

WordPressのテーマが決まったら、すぐにでも記事を書きたくなりますね。その前に、ホームページの目的、誰に何を伝えたいのか、について考えておくと、統一した世界観からお客様とのコミュニケーションができるようになります。その結果、信頼されるようになり、販売につながります。

こちらの記事(▼)にホームページの目的についての考え方についてまとめました。ご参考になさっていただけたら幸いです。

クリエイター(絵描き)のための成功するホームページ 目的を明確にしよう

曼荼羅アートからの最新情報と心の成長のためのスピリチュアルなメッセージをメールにてお届けします。

登録ボタンを押して「空メール」をお送りください。

登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です