【参加者募集中】5月2・3日オンライン講座開催

【0円無料】必要な画材は? ~第0回曼荼羅アート通信講座~

こんにちは。曼荼羅アートの岩本幸子(イワモトユキコ)です。

まず最初に、曼荼羅アート・オンライン講座にご参加くださって、どうもありがとうございます。

曼荼羅アート描き方連続講座の概要はこちら()。

【0円無料】初めてでもきれいに描ける曼荼羅アート【通信講座】

今回から、初めての方でも美しい曼荼羅アートが描けるようになるための描き方講座が始まります。この講座は、時間がない方や遠方で来場できない方でも、インターネットを使って自由に参加できるように制作したものです。

初めての方でもわかりやすく、丁寧に順を追って進めていきますので、どうか安心して楽しく一緒に学んでいけたらと思います。

では、早速始めていきましょう。どうぞよろしくお願いします。

【0円無料】必要な画材は? ~第0回曼荼羅アート通信講座~

曼荼羅アートを描く際に、必要な画材や道具のご案内です。事前にご準備ください。ほとんどのものは100均にて手に入れることができます。

目次

  1. 事前に準備するもの
  2. ちょこっとコラム
  3. 講座内での質問やご意見などについて
  4. 次回予告

 

事前に準備するもの

【曼荼羅アートを描くために必要な画材一覧】

  • (黒)画用紙15cm X 15cm ほどのサイズ(本番用。100均で手に入るものでも可。薄手のものだと描いているとインクでヨレルので、できるだけ厚手のものがおススメです。)
  • (黒)画用紙 2~5枚ほど(試し描き用。サイズ、厚みともなんでも構いません。色が本番の画用紙と同じなら大丈夫です。100均のもので十分です。)
  • コンパス(できるだけ精度がいいもの)
  • 定規
  • 分度器
  • HB,B,2B鉛筆(シャープペンシルでも可)
  • 消しゴム
  • らくがき帳(色は何色でも大丈夫です。100均のもので十分です。)
  • マット(お好みで。描いているときに多少の弾力があった方が描きやすいです。持ってなければクリアファイルなどを何枚か下に敷いて描いても大丈夫です。コンパスで机に穴が開かないのと、コンパスの針を傷めないのであった方が便利です。)
  • 色ゲルインク・ボールペン*

【*推奨色ボールペン一覧】

黒色画用紙でも色がきれいに出るボールペンをご案内しています。

こちらの記事(▼)に黒画用紙で発色の良い市販の色ボールペンについて、詳しく特徴や発色をまとめています。良かったらご参考になさってください。

曼荼羅アート作画に使う色ボールペンの種類と特徴について

(注意)同じメーカーであってもボールペンのインク種類によって、黒画用紙に発色しないものがあります。購入する際に、黒画用紙の切れ端を持参して、インクが発色するかどうか直接確認されてから購入することをお勧めします。

*講座開始前にすべてのペンがそろっていなくても大丈夫です。何本かお気に入りのペンをご準備ください。

市販品のペンがたくさんあって、どのペンを一番最初に購入したら分からない場合は、最初に数本購入されて、描きながら新しいペンを増やしていくのでも十分、大丈夫です。

 

ちょこっとコラム

今回の記事の内容が必要な画材の準備だけなので、せっかくなので、曼荼羅アートの魅力についてちょっとした記事(▼)をご紹介します。

https://yukikoiwamoto-arts.com/5-fascinations-of-mandala-art

曼荼羅アートの持つ不思議な魅力に少しでも触れて、楽しんで下さったらと思います。

講座内での質問やご意見について

講座の途中で、質問・ご意見・感想などがあるときは、お気軽にコメント欄にお残しください。また、コメント欄への記入が嫌な方は、講座専用お問い合わせフォームにてお送りください。
質問・ご意見・感想を送信する

いただいた質問・ご意見・感想は、できるだけ他の参加者の方にも参考にしたいと思っていますので、コメント欄のほか、今後オンライン講座用の質問ページなどで(匿名にて)共有したいと思っています。

ほかの受講者様からの質問やご意見を自由に閲覧できることで、多くの方にとって多くの気づきや励ましにもつながることと思います。ぜひご連絡ください。お待ちしています。

注意)曼荼羅アートの作画に関すること以外の個人的なご相談ごとなどはお返事差し上げられませんこと、どうぞ予めご了承ください。

【0円無料】よくある質問 ~曼荼羅アート通信講座~

次回予告

必要なものが一通りそろったところで、次回は、とうとう初めての曼荼羅アートの作画に挑戦していきましょう。

「第1回 曼荼羅アート描き方基礎講座 ~テーマを決めて下書きイメージを描く~」

【0円無料】何を描く?テーマの決め方 ~第1回曼荼羅アート通信講座~

初めてでちゃんとオリジナルの曼荼羅アートが描けるかドキドキわくわくしますが、ゆっくり進めていきますので、どうか安心して楽しみにしていてください。

では次回も、引き続き、どうぞよろしくお願いします。

曼荼羅アートからの最新情報と心の成長のためのスピリチュアルなメッセージをメールにてお届けします。

登録ボタンを押して「空メール」をお送りください。

登録する

2 Comments

上杉

こんにちは。初めて曼荼羅の描き方を読みました。曼荼羅を描いたことがなく、花弁の描き方がわからないのです。手書きで描くと左右非対称になるし、歪むし、コンパスで描けばよいのでしょうが、描き方がわかりません。参考になる記事はありますか?

返信する
Yukiko Iwamoto@Lakshmi Arts

上杉さま、こんにちは。コメントありがとうございます。

花びらをきれいに描けないとのことですね。大丈夫です。うまく描けるようになります。
まず、今回初めての曼荼羅アートで、フリーハンドで花弁をうまく描くには、先に少し落書き帳で練習しましょう。
落書き帳に同じ形の花弁を繰り返し描いてみましょう。その時に、自分の手首がどの角度で線を引いたらきれいに描けるかよく感覚をとらえてみてください。
そして、その上手に描ける角度のまま、画用紙の方を動かして描く用にすると、うまく描けます。
描く際の手首の角度の違いで、左右を完全に対象にするのは多少難しいですが、それでも画用紙を描きやすいように動かして(回転させて)描くときれいに描けるようになります。
自分の手首を画用紙に合わせるときれいに描けないので、必ず画用紙を自分に合わせるようにします。

この練習をしても、それでもどうしてもフリーハンドでは難しい方の場合、図形定規(製図用テンプレート)というのが市販されています。
https://amzn.to/2lkZiSg
この図形定規には、〇とか楕円とかの形に穴が開いていますので、その穴に沿って花弁に線を引くという方法もあります。
フリーハンドほど自由度がなくその分多少不便さはありますが、完全に左右対称には描くことができるとは思います。参考までに。

また、今後、公開予定の第2回目の講座で画用紙に下書きをしていく予定ですので、その記事にも詳しく描き方のポイントをご案内する予定です。
楽しみにしていてください。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です