【参加者募集中】6月6・7日オンライン講座開催

高いモチベーションを維持するのは正直しんどい環境を整えよう

motivation

こんにちは。曼荼羅アートの岩本幸子(イワモトユキコ)です。

時々Twitterでつぶやいたことの中で、スピリチュアルな成長に関係する有益なことを深堀してまとめてみようと思います。

高いモチベーション維持は、正直、続かない

どんな人でも、高いモチベーションを長い時間、維持し続けるのは正直なところ難しいものです。

体調の変化もあるし、疲れてやる気をなくすこともあるでしょう。また頑張ってもすぐに結果が出ないこともしばしばです。

それでも、仕事や創造活動は、日々、続けていくことが大切なので、モチベーションが低くても続けていくことができるような環境を整える方がはるかにやりやすくなります。

続けられる環境整備を強化することの方が大切

続けられる環境を整えるということは、具体的にはどういうことかというと、

  1. 面倒くさいと感じている労力をできるだけ無くす
  2. 同じ目標に向かう仲間を作る

1.面倒くさいと感じている労力をできるだけ無くす

office

仕事や創造活動をするうえで、つい、面倒くさいと感じていることはありませんか?

例えば、動画を撮るときにカメラをセッティングすることとか、絵を描くときに使う色ペンを分類するとか、ちょっと使い難い道具をがまんして使っているとか。

一つ一つの作業(道具)は、それほど大変なことではなくても、ついちょっとした労力を使うようなことをできるだけ無くすように、環境を改善していくことです。

ちょっとづつ「あ、面倒くさい(使い難い)」と感じることが少なくなるだけで、毎日続けることが本当に楽になっていきます。

2.同じ目標に向かう仲間を作る

companion

これは別に、毎日連絡ができる友人という意味ではありません。

例えば、TwitterとかYouTubeで、同じような目標をもって頑張っている人をフォローするだけでも十分です。

一人だけで、常にモチベーションを高めるのが無理でも、同じように頑張っている人をフォローして、その人たちの頑張っている様子を眺めていると自然とやる気が出てきます。

習慣化する

achieving

できるだけ不要な労力を使わない環境を整えて、前向きな仲間がいれば、次第に、作業できる習慣ができてきます。

そうすることで、数週間から数か月くらいしていると、何も考えずに自然に作業できるような自分に変わっていきます。

習慣になってしまえば、無理やり自分のモチベーションを高めなくても、無意識に体が動くようになっていきます。

自然な流れに乗って、勝手に作業がはかどるような状況に毎日なっていくのです。

モチベーションが上がらない自分を責める必要もなくなるし、ただ、必要最低限の労力で、作業し続けることもできるようになっていきます。

こちらの記事(▼)では、同じ志を持つ同志と協働することで、成功への近道となることをご紹介しています。仲間=環境ですので、良い仲間を選んで共に成長できるようにしていきましょう。

曼荼羅アーティストを成功に導くマスター・マインドの育て方

曼荼羅アートからの最新情報と心の成長のためのスピリチュアルなメッセージをメールにてお届けします。

登録ボタンを押して「空メール」をお送りください。

登録する

登録を解除したい方は、こちら(▼)のボタンからお願いします。

解除する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です