ブログ最新記事はこちら

【0円無料】点描でペンと友達になろう ~ 第3回曼荼羅アート通信講座~

dot paint - drawing lesson

こんにちは。曼荼羅アートの岩本幸子(イワモトユキコ)です。

第2回目の講座では、曼荼羅アートのイメージ(下書きの下書き)図を実際に画用紙に描くことまで学びました。

第2回目の講座はこちら(▼)。

第2回 曼荼羅アート描き方基礎講座 ~下書きを描く~

【0円無料】下書きを描いてみよう ~第2回曼荼羅アート通信講座~

さて、第3回目の講座の今回は、実際に下書きに色を塗る前にやっておきたい色ボールペンの準備をしていきたいと思います。

初めての方の場合、下準備なしでいきなり色を塗りだすと、せっかくの大切な作品の色塗りを失敗してしまうこともあるので、焦らずに順を追って進めていきましょう。

【0円無料】点描でペンと友達になろう ~ 第3回曼荼羅アート通信講座~

画用紙に下書きした図に、色ボールペンを使って色を塗っていきます。

その大切な作業に入る前に、自分が持っている色ボールペンの色の発色や、ペン先の太さ、発色の仕方、インクの出具合など、ぺんの特徴を押さえておく必要があります。

ペンの特徴を抑えていれば、色を塗るときに失敗することが少なくなります。

今回の講座では、ペンの特徴をつかんでうまく描けるように、ご自分が持っているペンを使って点描の練習をしてみましょう。

今回の講座で使用するもの

  • 試し描き用黒画用紙 1~2枚程度(サイズ、厚みは何でも構いません。試し描きができる黒画用紙であれば100均のもので十分です。)
  • 色ボールペン(今回は何色でも可。)

参考までに曼荼羅アートにお勧めの色ボールペン一覧にまとめた記事(▼)をご覧ください。

曼荼羅アート作画に使う色ボールペンの種類と特徴について

色パレットを作る

色ボールペンの色パレット

写真1 色ボールペンの色見本パレット

ご自分の持っている色ボールペンを使って、一本づつ、試し描き用黒画用紙に試し描きをしてみましょう。

色ボールペンが、黒画用紙の上でどのように発色するのか、インクの出は十分か、ペン先の太さ細さの感触、描きやすさ、なめらかさを確かめるように、手で感触を覚えてください。

そして、色ボールペンを一本ずつ、パレットのように色を置いてみましょう。その後、しばらく時間をおいてインクを乾かしてみてください。

インクが描いた直後と、しばらく時間がたった後で、発色の違うものもあります。乾いたインクの色が、実際の作品の色になることを覚えておいてください。

写真1は私の持っている色ボールペンで作った色見本パレットです(汚くてすみません。汗)。たくさんの色ボールペンの色が一目瞭然で区別がつきます。同じグリーンでも、メーカーによっては色味が少し違っていたり、ペン先の太さやインクの乾いた後の状態なども全く違います。

曼荼羅アートを描くときには、この色パレットを手元に置いて、色を選んでいきます。

 

点描の練習

曼荼羅アートの描写テクニックのうち、点描はよく使う方法の一つです。

点描というのは、線で絵を描くのではなく、点々と点を打つことで形や陰影を表現する技法です。

本番の黒画用紙に色塗りを始める前に、ご自分の持っているペンで、この点描を一度、一緒に、練習してみましょう。

1.点描で彗星を描く

shooting star

写真2 彗星のイメージ

今回は、練習用に、サンプル写真と同じ彗星のような形を描いてみましょう。

一本、色ボールペンを選び、試し描き用黒画用紙に点を打って彗星を描いてみましょう。

まず最初に、写真2の彗星をよく見てその特徴をつかんでみましょう。

少し写真が小さいのが恐縮ですが、彗星のどの部分が白い部分が濃く、どの部分が薄くなっているでしょうか?

中心部分が一番色が濃く、周囲に向かうほど色が薄くなっています。また尻尾は、後方に向かうにつれ色がだんだんにかすれていく感じで薄くなっていることに気が付きます。

この色の濃淡の特徴を良くつかんで、この濃淡の通りに点を打っていくようにしましょう。

今回の点描では濃く色を出したいところは、点を濃く打っていきます。またぼやかしたい部分は、点を疎に打っていきます。

2.最初に彗星の内側を濃く点を打つ

drawingdot_fundamentaltech

写真3 点描で彗星を描く

点描で彗星を描く中心部分を濃く描く

写真3-1 中心部分は濃く点を打つ

写真3は彗星を点描で描いたサンプルです。

ここで使用したペンは、シグノ エンジェリックカラー スタンダード ホワイト(ペン先0.7㎜)です。

最初に内側の彗星部分(写真3-1)から点を打っていきます。

内側輪郭部分(写真3-1①の部分)は点密度を濃い目に、しっぽに向かって点密度を疎になるように打っていきます。

この時の描写は、ペン先を紙に置いてトントンと一点一点、点を打つ感じです。

小さな〇を描くのとは違います。インクを「・」の部分に載せるようなイメージをもって点を打ちます。

均一に点を打つのではなく、濃淡を意識しましょう。

動画1 点描で花弁を描いている様子
彗星を描いていないのですが(汗)、点描の参考になるかと思います。

点を打つ時は一点一点丁寧に打つようにします。

最初に点描をすると、全体的にまんべんなく点を打ちたくなりますが、それだと彗星にはならないので、どこを濃くしたいのか?どこを薄くしたいのか?薄くしたい部分には、点はあまり打たないようにすることです。(全部を同じように点を打ってしまうと、濃淡による陰影が描けません。)

3.彗星の外側は光がぼやけるように

点描で彗星を描く先端部分は少し光っているように

写真3-2 彗星の外側は中心部分を包むようにやや濃いめに点を打つ

点描で彗星を描くしっぽは疎に描く

写真3-3 彗星のしっぽの部分は疎に点を打つ

内側の彗星の中心部分が描けたら、今度は、少し外側に、中心部分を包むように点を打っていきます(写真3-2)。

彗星の写真2を再度よく観察して、一番濃い中心部分から、外側に行くにつれ少しぼんやりしている様子が見て取れると思います。

写真2のように、中心から外側には少し色がぼやけるように、点を打っていきます(写真3-2②の部分)。

一番外側の輪郭部分は、多少濃いめに点を打ち、内側に沿って少し密度を疎にしていく感じで、中心から外側に向かって光が放っていくようなイメージで点を打っていきます。

同じように尻尾に向かう部分は、消え入るように、だんだんと点を疎に打つようにしていきます(写真3-3)。この時しっぽをきれいに描こうとして点をたくさん打たないようにすることです。

そして最後は、きれいな尻尾ができるようにだんだんと消え入るように点を打ちます(写真3-3③の部分)。しっぽの先端部分は、ほとんど点を打っていません。一、二点だけです。

黒画用紙に点描をする場合、光の多いところ(明るくしたい部分)は、点を密に多く置く。

暗くしたい場合は、点を疎におく。

白い紙に描く場合は、逆で、暗い部分を密に、明るい部分を疎に点を置く。

 

ペン先の太さと点描表現の違い

点描の練習お疲れ様でした。いかがでしたか?きれいな彗星が描けましたか?

初めての点描の練習が済んだところで、ここで、ペンの種類と点描の表現方法の違いを確認しておきましょう。

1.もっと細いペンでの点描

細い白いペンで点描の彗星

写真4 もっと細いペンで描いた点描の彗星

写真4は、写真3よりさらに細いペンを使って同様の彗星を描きました。

ここで使用したペンは、PILOT JUICE UP .4 ホワイト(ペン先0.4㎜)です。写真3が0.7㎜だったのでさらに細いペンです。

細いペンで描くと、さらに細かい描写ができることがわかります。

点を打つ回数は多くなりますが、とても細かい部分までの濃淡を出すことができます。太いペンで描いた時より、さらに細かく光が放射する状態を微細に描くことができます。

ただし、細かい描写ができる一方で、その分描くのに時間はかかります。一点一点を丁寧に打つと、かなりきれいな描写も可能になります。

細かい部分を描写したい方は、細いペンを使って描くと、思った通りの描写ができるようになります。

2.太いペンでの点描

黄色の点描の彗星

写真5 太いペンで描いた点描の彗星

写真5は、太いペンで写真3と同様の彗星を描いたものです。

太い白いペンがなかったので、黄色で描きました。ここで使用したペンは、サクラクレパス ムーンライト 蛍光イエロー(ペン先1.0㎜)です。このペンはインクの出もよく、発色もよいので、とても描きやすいペンです。

インクの出もよくペン先が太いためか、同じように小さな彗星を描くと、点点の部分がインクがつながってしまって、細かくは描けないのがわかります。

光の放射状態などは、ペン先が太いので、どこか大雑把な表現となっているのもわかります。

一点一点の間隔がつながってしまっているため、細かい光の強弱となる点の濃淡がうまく表現できない感じがします。

これはこれで悪いわけではなく、ペンによって描ける特徴が違うということです。もっと大きな彗星を描くときには、このペンでもきれいな点描になると思います。

3.太いペンの大きな点描

緑の大きな丸で点描の彗星

写真6 太いペンを使って丸で描いた点描の彗星

更に、写真6は、太いペンを使って点というか〇で彗星を描いてみました。

ここで使用したペンは、サクラクレパス ムーンライト グリーン(ペン先1.0mm)サクラクレパス ムーンライト 蛍光グリーン(ペン先1.0㎜)サクラクレパス ムーンライト 蛍光イエロー(1.0㎜)を順に重ねています。彗星の色ではないのですがわかりやすくするためにグリーン系を使いました。

〇の径が大きいので、今回の小さな彗星はちょっと適切なサンプルではなかったかもしれません(汗)。もっと大きな絵でなら、十分にきれいに描くことができる点描の一つの方法です。

写真3-5に比べて大雑把感は否めませんが、これはこれで個性がある表現だと思いませんか?重ねる色によって、表現の幅がぐっと広がっていきます。

これから学ぶ重ね塗りと点描を合わせて描くと、太いペンで点描が上手く描けない場合でも、個性的な〇点描を描くことができます。

また、太いペンの代わりにアクリル絵の具を使っても、〇点描を描くこともできます。この場合は、アクリル絵の具を〇の部分に置くようにして点描を描いていきます。

細いペンの点描は細密描写に向く。

太いペンの場合は、大きな絵を描くとき向きだが、〇点描など個性的な描写も可能。

 

更に点描を練習するには

点描を練習すると、点描だけで形を描くことができます。また、曼荼羅アートの一部の部分だけを点描で描くこともできます。点描は、いろいろな部分で大活躍しますので、ぜひ覚えておいてください。

こちらの記事(▼)にも点描の描き方の練習をご紹介しています。良かったら参考になさってください。

美しい曼荼羅アートの描き方(2)~基本の点描手法~

 

講座内での質問やご意見について

講座の途中で、質問・ご意見・感想などがあるときは、お気軽にコメント欄にお残しください。また、コメント欄への記入が嫌な方は、講座専用お問い合わせフォームにてお送りください。
質問・ご意見・感想を送信する

いただいた質問・ご意見・感想は、できるだけ他の参加者の方にも参考にしたいと思っていますので、コメント欄のほか、今後オンライン講座用の質問ページなどで(匿名にて)共有したいと思っています。

ほかの受講者様からの質問やご意見を自由に閲覧できることで、多くの方にとって多くの気づきや励ましにもつながることと思います。ぜひご連絡ください。お待ちしています。

注意)曼荼羅アートの作画に関すること以外の個人的なご相談ごとなどはお返事差し上げられませんこと、どうぞ予めご了承ください。

【0円無料】よくある質問 ~曼荼羅アート通信講座~

次回予告

色を塗るときに、自分の持っているペンの特徴や性能をよく理解して、ペンとお友達になるように扱うことができるようになると、とてもうまく描けるようになります。一見、遠回りのように感じるかもしれませんが、いきなり本番に色を塗るよりも先に、先ずは、どんな特徴のペンなのか、どうやって使ったらいちばんきれいに描けるのか理解してあげることが実は上達への第一歩でもあります。

今回のように、一本のペンを使って(点描を)練習すると、ペンの特徴や性質もより良くわかるので、とてもよい練習になります。

さて、点描の練習をして、色ボールペンにも慣れてきたところで、次回は、本番の色画用紙に、実際に色塗りを始めていきたいと思います。

【8月1日公開予定】

「第4回 曼荼羅アート描き方基礎講座 ~色を塗る~」

【0円無料】きれいに色を塗るには? ~第4回曼荼羅アート通信講座~

 

次回もどうぞよろしくお願いします。

曼荼羅アートからの最新情報と心の成長のためのスピリチュアルなメッセージをメールにてお届けします。

登録ボタンを押して「空メール」をお送りください。

登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です