【参加者募集中】5月2・3日オンライン講座開催

曼荼羅アートと引き寄せ効果

targeting

こんにちは。曼荼羅アートの岩本幸子(イワモトユキコ)です。

今回は、曼荼羅アートとココロの成長についてご説明いたします。

曼荼羅アートと引き寄せの法則

  1. 引き寄せ効果
    1. 自分の目標に対して意図して曼荼羅アートを描くことで、達成できるようになっていく
    2. 執着やコントロールからも自由になって、手放し、委ねることができるようになる
    3. その結果、自然な流れによってシンクロが起こり、願いが実現になる可能性が高まるか、気にならなくなる
  2. 目標達成の障害になる感情の浄化方法(ブログ記事リンク)
    1. ストレスをためない 怒りやもやもやはきちんと認めて感じる
    2. ストレス、心のモヤモヤや怒りなどの感情が目標達成の障害になる 曼荼羅アートで解消しましょう
    3. 特に、マントラやオ・ポノポノを使って描くと、かなり浄化される
  3. 魂が純粋化すればするほど引き寄せの可能性も高まる
  4. 次第に、本質的な自分に出会えるようになっていく
  5. 執着やコントロールや欠乏感から解放されて、生まれたときの自分のように、純粋で幸せで豊かな自分になっていく

引き寄せ効果

曼荼羅アートは、図形や色にそれぞれ持つ意味があって、繰り返し描くことで、自然に潜在意識の中にその意味が伝わり、精神的に安定して、幸せな気持ちを体験できるようになっていきます。

その効果を利用して、曼荼羅アートを意図して描くことで、引き寄せの法則やココロの成長にもつながっていきます。

自分の目標に対して意図して曼荼羅アートを描くことで、達成できるようになっていく

achievement

例えば、「引っ越ししたい」「新しい仕事を始めたい」「新しいパートナーが欲しい」「お金をもっと稼ぎたい」などの誰に中にもある人生の目標(または課題)を、曼荼羅アートを描くことで達成していく自分に変化していくことも可能です。

私たちの持つ個人的な目標を深く観察してみると、たいていその下には、「幸せになりたい」「安心したい」といった潜在的なニーズが含まれています。

曼荼羅アートを描くときに、達成したい目標を意図し、宇宙からの助けを祈りながら、マントラを唱えてみてください。

すると不思議と、目標が達成に近づいてきます。

曼荼羅アートを使った引き寄せ方法の手順

  1. かなえたい目標を明確にします
  2. 宇宙に助けを祈ります
  3. 執着を手放すことを意図します
  4. 曼荼羅アートを描きます マントラを唱えるとさらに効果が増します
  5. 目標に対してニュートラルな気持ちや既に満ち足りた気持ちになります
  6. 執着がなくなって自然な行動ができるようになった結果、シンクロニシティが起こりやすくなります
  7. 自然な形で目標が達成します

執着やコントロールからも自由になって、手放し、委ねることができるようになる

letting go

曼荼羅アートを描くことで、潜在意識に「平安」「幸せ」といったメッセージが伝わり、心理状態が変化します。

そして、目標を達成した時のような安心感や満足感が、自然に生まれ、その結果として、波動が変化し、シンクロニシティ(引き寄せ)が起こりやすくなり目標達成となるのです。

ここで大切なのは、「この結果を手に入れなければならない」と、目標に執着している時というのは、欠乏感の心理状態です。欠乏感の波動が強すぎると、同じ波動のものを引き寄せてしまいます。結果、目標が達成しないのです。

なので、先に、「満たされた」状態に自分自身が変化する必要があります。そこで、目標に執着することを一旦手放して、自分を幸せな状態に満たすことが大切です。

曼荼羅アートを無心に描いていると、その満たされた状態に近づけるようになります。

そうすることによって、我欲から結果をコントロールしようとすることを止めて、宇宙の采配を信頼し、委ねていけるようになっていくのです。

その結果、自然な流れによってシンクロが起こり、願いが実現になる可能性が高まるか、気にならなくなる

surrender

幸せな満たされた状態でいればいるほど、その幸せな波動が、自然に幸運を呼び寄せてくれるようになります。

もちろん必要な行動はしなければなりませんが、欠乏感から行動するのとでは雲泥の差があります。

幸せで満たされたあなたの波動は、他人を安心させ、そしてすぐに信頼してもらうことができるようになるでしょう。

その良い循環が生まれてくるのです。

「欠乏感」から行動するのを止めて、幸せな自分から行動することで、願いが現実に可能性が高まります。その結果、自然に、望んだ結果が手に入る可能性も高まるのです。

また、欠乏感が満たされるようになってくると、もしかしたら、達成したいと願っていた目標、手にいてたいと願っていたものも、それほど執着をする必要がなくなってくるかもしれません。

そのくらい、ココロが自由になっていくのです。

目標達成の障害になる感情の浄化方法(ブログ記事リンク)

とはいっても、日常生活の中では、多少のストレスや心のもやもやなどは誰でも感じるものです。

また、曼荼羅アートを描きだしたばかりの頃には、ココロの奥ににたくさん貯め込んでいたものを吐き出して浄化していくことも時には必要になります。

イライラや憎しみや恨みといった波動は、あなたの目標達成を明かに邪魔するからです。

では、どうやって解消したらいいでしょうか?

ストレスをためない 怒りやもやもやはきちんと認めて感じる

stress

日常のストレスはできるだけためないことが大切です。ストレスを感じる仕事や人間関係は、できるだけ避けるようにしましょう。

また、怒りやもやもやがあるときは、我慢するのではなく、きちんと認めて感じてしまうことです。

ストレス、心のモヤモヤや怒りなどの感情が目標達成の障害になる 曼荼羅アートで解消しましょう

drawing

ストレスがあるなと感じたら、曼荼羅アートで解消することができます。

その時も、曼荼羅アートを描くときに、3つのポイントを押さえて描くとストレスを軽減できます。

  1. ストレスを解消する
  2. 祈る
  3. マントラを唱えながら曼荼羅アートを描く

特に、マントラやオ・ポノポノを使って描くと、かなり浄化される

ganesha

曼荼羅アートだけでも、十分に浄化力はありますが、それに加えて、マントラやオ・ポノポノを使うとさらに浄化力が高まります。マントラは真言ですので、唱えると宇宙の神様のサポートが得られるようになるからです。

ストレスを解消するだけでなく、本来の幸せな自分にすぐに戻れるようになっていきます。

詳しい曼荼羅アート・セラピーの方法はこちらの記事(▼)でご紹介しています。良かったら参考にしてください。

描くだけで癒される!曼荼羅アート・セラピーについてその効果と手順

魂が純粋化すればするほど引き寄せの可能性も高まる

このように曼荼羅アートを描くことで、我欲を手放し宇宙に委ねていくこと、自分の心の中にたまっていた感情の浄化を続けていくと、次第に魂が純粋になっていきます。

次第に、本質的な自分に出会えるようになっていく

light human

執着やコントロールから、他人や結果を動かそうとするような我欲のもつ苦しみや、感情のストレスが次第になくなってくると、ココロがとても広がって、自由に感じられるようになります。

物質や環境や他人からの愛や幸せを手に入れようと躍起にならなくても、自分自身の中にすでに幸せがあることを感じられるようになるからです。

そして、そのような自由で、平和で、満たされた状態こそが、本来のあなたの姿でもあります。

執着やコントロールや欠乏感から解放されて、純粋で幸せで満たされた自分になっていく

contentment

本来の自分の姿を取り戻すと、人生そのものにとても意義を感じられるようになっていきます。

自分自身がとても大切に感じられ、同時に、他人もまた同じように大切なものと感じられるようになるからです。

このような状態になると、自分の好きなことを通して他人と愛や幸せを分かち合いたいと感じるかもしれません。

その結果、与えることで満たされるといったもっと本質的な自分に気が付けるようにもなっていきます。

その結果として、また、引き寄せも高まっていくようになります。

この良い循環が、更に、なたの人生をより豊かなものへと変えていくのです。

初めての曼荼羅アートに挑戦したい方は、曼荼羅アートぬり絵がおススメです。こちらの記事(▼)から、曼荼羅アートぬり絵を無料でダウンロードできます。ぜひ楽しんでみてください。

【無料0円】初心者でも楽しめる曼荼羅アートぬり絵3点【ダウンロード】

曼荼羅アートからの最新情報と心の成長のためのスピリチュアルなメッセージをメールにてお届けします。

登録ボタンを押して「空メール」をお送りください。

登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です