【参加者募集中】6月6・7日オンライン講座開催

曼荼羅アートの点描の濃淡の描き方

dot

こんにちは。曼荼羅アートの岩本幸子(イワモトユキコ)です。

先日、メールにてこんなご質問をいただきました。

はじめまして(*^^*) 点描曼陀羅を自分でデザインして描いてみたくて、先生のネット講座を知って初めて描いてみました

おかげさまで、初めての割には上手くかけたと思っています(笑)

上手くいかなかったのは、点描の濃淡です どういう風にしたら上手くできるかわかりません😢

詳しくご説明頂くと嬉しいです もし、良かったら動画を上げて頂くとわかりやすいかもしれません

ご検討よろしくお願いいたします🙇

今回は、このご質問にお答えしていきたいと思います。

曼荼羅アートの点描の濃淡の描き方

最初に、無料連続講座(▼)にご参加くださり、どうもありがとうございます。

【0円無料】初めてでもきれいに描ける曼荼羅アート【通信講座】

また、初めての点描曼荼羅アートが上手く描けたとのことで、本当に良かったです。良かったら、完成品のお写真をぜひお見せくださいね。

さて、早速、ご質問の点描の濃淡のつけ方について、詳しく見ていきましょう。

濃淡のつけ方のポイント

点描の濃淡のつけ方がわかるように、こちらの動画をご覧ください。

(YouTube動画 1:15 【音楽あり】)

濃淡のつけ方のポイント

  • 輪郭に近いほうに点をたくさん打つ(点の密度を濃くする)
  • 輪郭から離れるほどに点を疎に打つ(点の密度を下げる)

この絵がちょうど、点描の濃淡を順番に描いたものです。時計回りにご覧ください。同じ大きさの花弁を、点描でだんだん濃淡をつけていく手順がわかります。

sample mandala art drawn dot

(クリックすると画像が大きくなります。)

わかりやすいように、一部を拡大しました。(▼)

dot-paint-sample-1

輪郭に近い部分には、点がたくさん打ってあるのがわかると思います。点を濃く打つ。(クリックすると画像が大きくなります。)

 

dot-paint-sample-2

輪郭から遠い部分は、点をうすく(疎に)打つ。(クリックすると画像が大きくなります。)

輪郭の部分から距離が離れていくほど、点を粗く打っていく感じです。(あまり点を打たない。)

最初のうちは、極端なくらい点の数を少なく打っていくくらいで、ちょうどよく濃淡が付くように感じると思います。

 

まとめ

点描の濃淡のコツ

濃淡をうまくつけるには、輪郭に近いほど濃く点を打ち、離れるほど疎に打ちます。

極端に点が少なくなるようなイメージくらいでちょうど良いと思います。

初めての点描だと、どうしても均一に点を打ちたくなってしまって、きれいな濃淡をつけるのが難しく感じるかもしれません。

最初は多少練習が必要ですが、濃淡を意識しながら何枚か描いていると、だんだん上手に描けるようになっていきます。

ぜひ、楽しんで描き続けてみてくださいね。

もし更に、ご質問などがありましたら、コメント欄にお気軽にお残し下さい。

また、点描の基本的な描き方についてはこちらの記事(▼)でもご紹介していますので、ぜひ参考になさってください。

美しい曼荼羅アートの描き方(2)~基本の点描手法~

曼荼羅アートからの最新情報と心の成長のためのスピリチュアルなメッセージをメールにてお届けします。

登録ボタンを押して「空メール」をお送りください。

登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です