ブログ最新記事はこちら

曼荼羅アートでビビットなきれいな赤色を出す方法

red rose

こんにちは。曼荼羅アートの岩本幸子(イワモトユキコ)@divinemandalaartsです。

先日開催したオンライン・ワークショップ内でこんなご質問をいただきました。

きれいな赤色を出したいときにはどうやって塗ったらいいですか?


今回は、このご質問に答えていきたいと思います。

曼荼羅アートでビビットなきれいな赤色を出す方法

きれいな赤い色を出したいときには、ラメペンを使って色を重ね塗りします

市販のペン一本だけだと、どうしても望んだ色が出せない時があります。

その場合は、ラメペンを使って同じ赤色を重ねて塗ると発色よくきれいに塗れます。(クリックすると大きな画像がご覧いただけます。)

具体的な手順

  1. サクラクレパスのムーンライト・レッドを使ってべた塗りをします。(写真①)*ムーンライトには蛍光レッドもありますが、蛍光でないほうを使います。
  2. シグノ・スパークリング・レッドのラメペンを使って、その上から同じようにべた塗りをします。(写真②)

そうすると、煌くような赤い色が描けます。

写真①と写真②を見比べてみると、はっきり違いが分かります。

写真①のムーンライト レッドだけの塗りでは、赤いのは赤いのですが何となく白茶けているというか、ビビット感が足りませんよね?マットな赤ならこちらの方がいいのですが、はっきり赤い色を出したいときには、少し物足りない感じがします。

写真②のスパークリング レッドで上塗りをした場合だと、赤がつやっぽくなっているのがはっきりとわかります。ラメ感が嫌でなければ、この方法が一番きれいな赤が出せる方法です。

他の色にも応用可能

他の色も同様に、サクラクレパス ムーンライト(蛍光カラーは使わない)の上に、シグノ スパークリングの色を重ねると、きれいに発色させることができます。

注意点としては、どちらのペンもペン先が比較的太いので、細密点描画を描く場合は少し難しくなります。インクが広がって点描ではなくなってしまうので(苦笑)、うまい具合に間隔をあけるなどして試してみてください。

ご質問などはお気軽にコメント欄にお残し下さい

ほかにもきれいな色の塗り方があった場合は、また別途ご紹介します。

もし、他にもこんな方法がいいよ、というのがありましたら、ぜひ教えてください。

こちらの作品(▼)は、同じように色を重ね塗りして仕上げました。メイキングの工程をご紹介していますので、少し参考になるかなと思います。

曼荼羅アート「煌き」のメイキング~美しい曼荼羅アートの描き方・応用編~

曼荼羅アート・オンライン講座開催しています。詳細はこちらから(▼)ご覧ください。

2020年6月6・7日開催 曼荼羅アート・オンライン・ワークショップ

曼荼羅アートからの最新情報と心の成長のためのスピリチュアルなメッセージをメールにてお届けします。

登録ボタンを押して「空メール」をお送りください。

登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です